エクストラレッスン
学べるからだ、感じるこころのトレーニング
エクストラレッスンご案内.pdf
PDFファイル 132.5 KB
iLsリスニングトレーニング
耳から脳へ、音は脳の栄養となる
iLsの紹介.pdf
PDFファイル 631.8 KB
発達支援研修のご提案.pdf
PDFファイル 177.5 KB

終了致しました。

耳から脳へ、音は脳の栄養となる

iLsプラクティショナー養成コース

iLsプラクティショナー養成コースは学習困難・感覚処理の困難、発達障がいや自閉症スペクトラムの支援等の分野で働く療法士・教育者・医療従事者などの専門家向けのコースです。

 

2015731日(金)

時 間:9:3018:30

 

場 所:奈良市北部会館市民文化ホール3F多目的室2 奈良市右京1-1-4

      近鉄京都線高の原駅すぐ(高の原駅まで大阪難波駅から約45分、京都駅から急行で34分)

お問合わせ先:nanairo noかけはし

               E-mailinfo@nanairo-k.com(@は半角にして下さい)

          電話:090-3850-1717

ご関心のある方はお問合わせ下さい。養成コースの詳細をメールでお送りいたします。

講師:マリアン・ジャッド(オーストラリア在住)

学びや振る舞いに困難を抱える子どもたちや、思春期の子どもたちのためのエクストラレッスン&セラピーセンター代表。心理学者、iLsプラクティショナー&トレーナー、エクストラレッスンプラクティショナー&トレーナー。長年にわたってiLsリスニングトレーニングで子どもや大人の困難を助けている。

iLsリスニングトレーニングとは

iLsリスニングトレーニングは、特殊なフィルターをかけた音楽を骨伝導・空気伝導を使ったヘッドフォンで聞きながら、さまざまな動きのエクササイズを行うことで、脳の働きを「再訓練」する多感覚的なプログラムです。3つの主要な感覚システムである視覚・聴覚・バランス感覚(前庭感覚)を同時に働かせることで、ホリスティックにアプローチします。それによってどんな年齢の人であれ、より活発になり、集中でき、自分に自信がもてるようになります。クリニック、学校、あるいは家庭で使用することができます。

どんな人に

・学習困難(例:読み書き、認識能力)

・集中力、記憶力が弱い

・コミュニケーション、感情の問題

・さまざまな感覚処理(視覚、聴覚、バランス等)がうまく出来ていない

・自閉症スペクトラム    ・・・など

このような子どもや成人に対して、iLsリスニングトレーニングは大きな効果を発揮しています。

iLs
iLs

受講資格

 

学士の学位またはそれと同等の医療、教育またはその他の関連する資格をお持ちの方

 

エクストラレッスンプラクティショナー

ブレインジムインストラクター

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・音楽療法士・臨床心理士 ・感覚統合療法

療育実践者・教育者・スポーツトレーナー

医師・看護師

オステオパス・鍼灸師

 

など、専門資格をおもちの方

 

これらの療法士の方が、それぞれの療法とiLsを併用して使用することにより、より高い効果が期待できます。

  

コースの内容及び目的

・ iLsの方法論のもとになるカギとなる要素についての理解

・ 関連のある耳、脳、神経系についての神経解剖学についての概観

・ iLsの聴覚、視覚、バランスの要素のための実地の演習

・ iLsの音楽処理及びプログラム・デザインについてのディスカッション

・ 複数のプログラムを組み合わせたり、iLsを個別に変更させたりするためのケース・スタディーの練習

・ プログラムの選択についての客観的なアセスメント・ツールの概観

・ iLsをクリニックでの実施あるいは学校でのセッティング(設定)に統合していくことについて。家庭での使用も含みます。

 

 このコースを修了した者はiLsのメンバーとなり、プラクティショナー証明書が授与され、iLsシステムのフォーカス・システムとキック・スタート・システムをクライアントに使用できます。また、機器のレンタル・販売をすることができます。

<フォーカス・システム>

 家庭や学校、クリニックで使用できるように標準化されたシステムです。

 

4つの発達領域における、一連の音楽がプログラムされています。

セッションの組み合わせや長さなどをカスタマイズできます。

振る舞いやエネルギーレベルを改善し、幸福感と自尊心を高めます。        

*感覚/運動プログラム 

*集中/注意プログラム 

読み/聴覚処理プログラム 

*最高のパフォーマンス・プログラムⅠ&Ⅱ 

(情報処理のスピード、創造性、モチベーション、インスピレーションを改善するプログラム)

*補足のプログラム

歌を使った落ち着きをもたらす補足プログラム 

歌なしの落ち着きをもたらす補足プログラム 

 

<キック・スタート・システム>

システムのコストを下げるため、骨伝導の要素が除かれています。特別にデザインされたプログラムが入っています。